知り合いからマルチ商法に誘われる悲しさを語る

投資・お金

マルチ商法とは

楽してお金を稼ぐ方法として、​​マルチ商法​​があります。これって法律的にはどうなんでしょうね?

お金を稼ぐ仕組みとしては、ある商品を知人に紹介して、知人が商品を購入したらあるパーセンテージ、収入として入ります。その知人が更に紹介して、次に購入したらそれもあるパーセンテージが・・・となり、収入が増える形です。ねずみ講とかいう人もいますね。

法律的にはアウトという人もいますが、結構マルチ商法普通に存在しているので、セーフなのかなと思ってしまう事も多々あります。調べてみるとグレーゾーンにいる感じです。

マルチ商法への誘われ方

入社して間もないころ、久しぶりに大学の先輩とご飯を食べようかと私から誘いました。その日、先輩は夜が忙しいので、ランチをという話になりファミレスに呼ばれました。社会人になったので、もう少しいい所行きたいなって思っていましたが、久しぶりに先輩に会えるので、まぁいいかっと思い行きました。

久しぶりに先輩にあって、何しているの?から始まり、昔の思い出話や他の先輩の方々の話を聞いて、楽しい時間を過ごしました。先輩は会社を辞めて独立して何か別の事を試行錯誤しながら模索中と言っていました。

その中で、『経皮毒』という言葉を知っているかと聞かれました。今、薬局に売っているシャンプーや石鹸などは、微量ながらも発がん性物質が入っており、それが徐々に溜まって悪影響が出ると。でもこの商品はそういう物質が入ってないから、って感じで進められました。

その商品リストには、水、シャンプー、石鹸、洗剤等、日用品がたくさんリストアップされていました。しかし思ったよりも値段は高くはないです。怪しい商品は格段に高いかと思いましたが、ドラッグストアで売っている商品の高めの商品くらいの価格設定です。

そこから、自分が紹介した人が商品を買ったら、その数%が自分の所に入って、更に紹介した人が紹介したら・・・と紹介すればするほど、自分の所にお金が舞い込んでくるそうです。働かずにいいマンションに住んで、車を保有してという人もいるらしいです。

その時の私の気持ち

いや~、悲しかったですね。頭がよくて優しい先輩でした。よくご飯にも連れて行ってもらって。私からご飯誘ってその結果こういう感じになってしまうという悲しさ。

フォローする訳じゃないですけど、先輩は本気でこの商品をいいと思っています。私に対して無理やり勧めてきたわけじゃないです。本当にいいから、気が向いたら使ってみたら?って感じの勧誘だったので、考えますって言って資料だけもらって帰りました。

テレビのような怪しい事って本当にあるんだと思いつつ、身近な人がそのような人になってしまった悲しさはありました。

経費毒の信頼性

その後、経費毒という言葉を調べると、言葉自体は存在しているようです。信じるか信じないかはあなた次第ですって感じの言葉です。しかし本当に普通に薬局で売っているシャンプーなどには、微量ながらも発がん性物質が入っているようです。

それで体調を悪くなったという人も、少なからずいるようです。しかし多くの人は問題ないレベルだとは思います。それが蓄積してがんになる確率よりも、たばこや食生活から来る癌の方が、確率は高いと思います。

ちなみに、私はそれがきっかけで石鹸にこだわるようにはなりました。薬局で適当な石鹸を使っていたのが、ちょっと高級な石鹸を使う事で肌の調子が良くなりました。それはこの先輩のおかげかもしれません。しかし、結果そのマルチ商法の製品よりも高い石鹸を使うようになってしまったのですが・・・

お金を稼げてもマルチ商法には手を出さない

私は、マルチ商法を絶対にやりません。私がマルチをやったことによって私の周りにいる人を、今回のような悲しい気持ちにさせたくないので。

その後、マルチ商法について、いろいろと調べてみましたが、おいしい思いしている人も一定数いるようですが、多くは嫌な思いしている感じです。友達減りますね。とは言っても、私、そんなに友達いないですけど。

ちなみに友人の知り合いにアムウェイで東京のタワーマンションに住んでいる人がいるという話も聞きました。マルチ商法のトップクラスはそのような暮らしが出来るのも事実かもしれません。でも私はお金を稼げれ何でもOKではないなって思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました