株の売るタイミングを論理的計算から自分ルールを決めてみた

投資・お金

含み益が出た時の売り時

最近、全体的に株が好調で含み益を叩き出している銘柄が多いです。

一般的にはうれしい状況かもしれませんが、配当・優待目的の場合逆に悩んでしまう状況になって、私としては若干困っている状況です。

基本は10%利益が出たら売却するというルールを作っていますが、現状10%以上の利益が出ても保有している銘柄がいくつかあります。

売って利益確定させたいけど、配当・優待がもらえないという悩みです。

最近、その悩みを解決出来そうな計算式を考えてみました。

含み益が出た時に何年で回収できるか

私が考えた計算式がこちらです。
X=(現在の含み益)÷(1年の配当利回り+1年の優待金額)

この意味は、配当と優待で何年経過すれば、今の含み益になるのかという事です。

今の時点で利益確定した場合、含み益の利益がもらえます。
しかし仮に今から株価が下がって買った金額に戻ったとしても、X年保有したままであれば、今の含み益分の利益はもらえる。
という考えです。

このX年が人それぞれ違うとは思いますが、Xが4年以下であればSTAY。4年以上であれば売却という形でルールを作ってみました。
オリンピックの期間、保有し続けたとして、今の含み益だったら、今の段階で売ってもいいかなと考えてみました。

つまり含み益が出た状態の場合
10%以上の利益が出ている
→上記のXが4以上である
  →売却
という形のルールを作って運用しています。

結果、いいか悪いかは別として、売却するルールを明確化する事で諦めて売却できるようになりました。それで今回更に数万円の含み益を獲得する事が出来ました。

ちなみに、含み損がある時も同じ計算でいけて、何年待てば今の含み損を回収出来るのかという計算も可能です。

まだまだ、いろいろと考えて自分ルールを作り出そうかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました