米国株ウーバーをIPOで購入してみた結果

投資・お金

米国株のIPOに手を出してみる

5月の話になるのですが、アメリカのウーバー・テクノロジーズ がIPOをするというニュースをネットで見つけました。私は米国株もIPOもやったことなかったので、いい経験値かと思い購入してみました。

米国株という響きで怪しい感じを持ちましたが、米国株は1株ごとに購入できます。国内株は単元株数でしか購入できないですが、買いたい金額で購入出来るので自分の予算にあった買い方ができて、いいのかなと思いました。

IPOとは

IPOとは、新規株式公開株の事で、株を公開する第一歩という事です。私のイメージなどは、facebookやYahooがIPOして急激に伸ばしてきたとか、公開と同時に株を購入出来れば大きな利益を獲得出来るかもしれないというイメージです。

ウーバーの評価と事業内容

ウーバーはネット上で検索すると、時価総額10億米ドル以上で、ソフトバンクも出資して、トヨタ自動車も協業をしており、世界を変えていくと言ってるような大きな企業です。世界63か国で事業を展開しているグローバル企業です。日本でも宅配関連でウーバーイーツと聞いたことがある人は多いと思います。

現在、多くの車が使われていますが、稼働率としては5%程度だそうです。つまりほとんどの車が駐車場にいる遊んでいる状態にいます。

そこをウーバーは誰でもタクシーになれるような、移動したい人と送り届けたい人をマッチングさせて、手数料で利益を得ています。またデリバリーサービスの配送などにも参戦しています。ウーバーのユーザーとしても右肩上がりです。

そんな素晴らしい企業がIPOするとネットでは言われてきました。買いですよね!

現在の実績

今の結果はほぼ損益無しです。買った当初からどんどん下がりました。いやいや前評判って??、と思いながらも下がっていきました。そのご徐々に上がってきて元の値段に戻ってきた感じです。

不思議なのが、IPO前まではイケイケって内容の文章が多かったような気がしていたのですが、いざ上場してイマイチの結果になると、マイナス方向の記事が増えてくるような気がします。そういう思いをしているので、そういう記事が目に付くのかもしれませんが。

結果、私の初めての米国株IPO案件については、特に面白みのないさざ波で終わりました。良くも悪くももう少しビックウェーブに乗った方が、ブログとしてのネタも強くなるのですが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました