異動した時に自分の価値が分かるような気がする

雑記

先日、突然異動の内示を受けました。という話は過去の記事をご確認ください。

異動の内示を言われる 嫌いな事は『栄転』『地方に飛ばされる』
先日、突然異動の内示を受けました。私は九州で現場の仕事をしていたのですが、東京本社の企画の方に引っ張られました。突然の事で戸惑いはありますが、そこで周りの反応で若干違和感を感じる事がありました。 突然の異動の内示 私の会社は全国に事業所...

業務の引継ぎをやるにあたって、人によっていろんな反応があります。

異動の挨拶をした時の反応

比較的私は仕事を抱え込むタイプです。中途半端な仕事は取りに行ってしまうので、自分は忙しくなりますが他人に任せてぐちゃぐちゃにされるなら、全て自分でやりきるという考え方です。

だから出世するタイプではないとは思っています。

異動の内示を受けて、業務上必要な人には徐々に伝えています。今回の内示については全くノーマークだったので、私自身も驚きましたが、他の人たちも驚いていました。

ありがたいのは、とても残念がってくれることです。自分自身が求めて異動したわけじゃないので、私自身に責任はないのですが、申し訳なさはとてもあります。しかし残念がってくれることにうれしさもありました。

過去に何度も異動していますが、その都度残念がってもらえて、初めて自分の価値が実感できます。

私は基本的に他人に評価される為に、仕事はしないし、頑張らない。自分自身が恥ずかしくないと思える仕事をしたいし、そのためには頑張る。と思っています。

しかし、頼りにされていたと分かると、それはそれでうれしいものだなと改めて思いました。

引継ぎのやり方

引継ぎをやっている中で、面白いなと思う事があります。私のやり方を、あまり聞かない人が多いなと思いました。概略の話をすると後は自分でやるという人が多かったです。

別に文句はありません。自分のやり方が、必ずしも一番正しいとは思ってはいません。しかし私はいろんなミスをしてきて、自分なりのやり方を確立してきました。結構面倒くさいこともコツコツ効率よくやっています。

でも周りはとりあえずやってみるという人が多かったです。いろいろと詳しく説明してもなかなか聞く感じではなかったので、それで本人が行けると思えば、そのままでもいいかと思いました。

東京側は歓迎ムード?

逆に東京側は歓迎ムードのようです。人が増えて楽になると思われているので、それはそうだと思います。元々いた場所でUターンという形ですので、それなりに仕事上の知り合いもいます。

連絡していくと、お帰りという感じで歓迎ムードになっているのは、うれしいことです。そういう所で働くのであれば、自分の中で恥ずかしくない仕事の仕方をしたいなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました