ふるさと納税をやらない理由が分からない

楽天ポイントテクニック

ふるさと納税は怪しい・・・と思っていた時代

『ふるさと納税のやってない人の意味が分からない』

と、友人に言われて、イラっと来たことがあります。怪しい事に手を出して、気持ち悪いなと思っていました。

国の気持ち悪い制度に踊らされて何をやってるんだと思っていました。

今は、その友人の言う事が全面的に理解できます。

ふるさと納税の制度

ふるさと納品は、年収と環境による上限はありますが、2000円でいろんな地方の物産が手に入るという都合がよすぎる制度です。

国の立場で話をすると、地方に税金が回るというメリットのみで税収的には、賢くない制度だと思ってますが、個人にとっては、非常においしい制度だと思います。

具体的にいうと、80000円分のふるさと納税をした場合、最終的に78000円分は戻ってきます。

上限は各人の収入と家族構成などで変わってくるので、こちらで各個人のふるさと納税額を調べられます。調べてみてください。

ふるさと納税をした場合の手続き

ふるさと納税をした場合は手続きをしないと税金が戻ってきません。

一つは確定申告です。しかし確定申告をしなくても、ワンストップ制度というのもあり、書類と免許書とマイナンバーのコピーを送ればOKというものです。

それが面倒くさいと言われると何も出来ないです。それをする事でどれだけいい事があるのかを整理します。

 

ふるさと納税でもらえる商品

こちらを見てもらえれば分かりやすいです。

肉・魚・米などの食料品から、日用品ももらえます。これが実質2000円でもらえます。

何度も私は購入していますが、食事関係は美味しいものが多いですし、商品もいいものが揃っています。

ふるさと納税するなら楽天

ふるさと納税を買うなら楽天一択です。何故なら楽天ポイントが還元されるからです。

例えば20,000円の寄付をするとした時に、何も考えなくても200ポイントは戻ってきます。

少し買うタイミングを考えれば、多額のポイントが還元されます。

具体的には買いまわりで+9倍、SPUで+10倍、それだけで19%のポイントが戻ってきます。20,000円の寄付をして、返礼品と3,800ポイントが戻ってきます。

実質2,000円での支払いで返礼品がもらえる仕組みの中で、3,800ポイントを獲得しているというおかしな減少が発生します。

最終的にはお金をもらって、商品ももらうという事です。私はとてもうれしいですが、これで制度としては成立しているのかなと思ってしまいます。

 

一度試しにふるさと納税やってみてはどうでしょう。
私は、もっと早くからやってればよかったと思ってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました