リスクは高いけど結果プラスになるリボ払いキャンペーン

楽天ポイントテクニック

楽天カードの『あとからリボ払い』のキャンペーンを使うと、2000ポイント以上お得になる方法があります。リボ払いにいい事無しと思っていますが、何度か経験して、ちゃんと計算して攻略すればリボ払いでプラスに転化する事は可能です。

計算を間違えると失敗するので、ちゃんと計算の上、挑戦してみてください。

『あとからリボ払い』とは

そもそも、リボ払いって何??って人も多いと思います。私もそのうちの一人でした。

リボ払いとは一定の設定した金額以上は引き落とされないシステムです。

例えば、毎月2万円の引き落としで設定しているとします。今月3万円使ったとしても、引き落としは2万円になります。

そうなると、残りの1万円はどうなるかというと、翌月支払われることになります。

つまり最大2万円までしか払わないので、お金の管理が楽になります。

しかし当然、払うべき金額を後ろに倒しているので、その分の利息は取られます。
楽天カードのリボ払いは、年15%の利息を取られます。上記のパターンでいうと、1万円が後ろ倒しになるので、年15%ですが、月で計算すると+125円されます。

つまり、一定の利息を支払う事で、毎月の支払額を一定にするサービスがリボ払いです。

そして楽天の『あとからリボ払い』というのは、基本は1回払いですが、ある指定の支払いだけリボ払いにする事が出来るサービスです。このサービスを利用してポイントを獲得出来ます。

『あとからリボ払い』で、3000ポイント

楽天カードのサイト『e-navi』のキャンペーンの所に、たまに出てくるこのリンクがあります。

『あとからリボ払い』に設定する事で3000ポイントが手に入ります。

キャンペーンルールの詳細になります。
① 50,000円以上を後からリボ払いにする事
② 2か月後でリボ払いの支払いが残っている事
③リボ払いの支払いは2万円以下
ルール①はいいと思います。問題は②と③です。
ここで重要のパラメーターが、『いくらリボ払いにするのか』『毎月いくら支払いにするか』になります。
例えば下記の図を見てください。

なるべく早く返済する為に、毎月19,000円返済するとします。
すると、2ヶ月後には、まだ支払額が残っています。利息としては563円ですが、キャンペーンの3,000ポイントが獲得できます。

利益としては2,438円です。

注意点

注意点としては、計算をしっかりしないと損します。​

また​『あとからリボ払い』のキャンペーンは、結構な頻度で行われています。それを連続で参加すると前回『あとからリボ払い』をしたものの関係で計算が面倒くさくなります。

私は『あとからリボ払い』のキャンペーンに参加した場合、2000ポイントもらってから、次の『あとからリボ払い』のキャンペーンに参加します。

つまり『あとからリボ払い』のキャンペーンを連続で参加することはしません。

参加するのは年間3~4回程度です。しかし年間で5,000ポイントくらいは獲得している事になります。

リスクはあります。計算間違うと利息の方が多くなる可能性もあります。ちゃんと計算出来る自信のあるかたはやってみてはどうでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました