賞味期限切れのアルファ米を食べてみた感想と非常用食料について考える

商品レビュー

災害対策

皆さんは、災害対策をしていますでしょうか。私は今まで、震度5以上の地震にあったことなく、災害を運よく避けて生きてきた人生を送っています。

そういう人生だったので『災害は避けられるものではないので諦める』と思っていました。しかし東日本大震災をテレビで見て、考え方を変えました。準備出来るものはしておくべきだと思うようになりました。

スマホなどの充電・電気については、過去の記事をご確認ください。

今回は非常食としてアルファ米をご紹介します。

アルファ米にいきつくまで 災害用の食料の条件

災害用の食料については、条件をいろいろと考えました。

最高峰がガスコンロによる調理です。ガスコンロと食料があれば、ある程度は何でも出来ます。しかしガスコンロはちょっとハードルが高いかなと。まずは重いですし、そこまでお金をかけるかというのも考えました。

最低限といえば、乾パンや缶詰です。しかし結構缶は重いので持ち運びは面倒くさいし、後始末も大変。それに乾パンは、たまにに2、3個食べるならおいしいですが、食事として乾パンというのは少し味気ないです。

その為、探した条件としては、缶保存はNG乾パンだけはNG出来れば味がちゃんと付いているもの、1日1食で1週間くらいあれば何とか。

という条件で探してみました。

アルファ米の便利さ

そこで購入したのがこちらです。

大きなメリットとしては袋での梱包なのでとても軽いです。それにいろんな種類のお米があり味の変化が楽しめます。お湯で15分、水だと60分で食べる事が出来ます。

買ってすぐの味と賞味期限が切れた味の違い

買ってすぐに食べてみましたが、かなりおいしいです。非常食と思ってなめていると、驚きます。賞味期限が約5年で、私がこのセットを買ったのが5年前なので、賞味期限が徐々に切れだしています。

賞味期限が切れたアルファ米の味というと、特に変化はありません。普通においしく食べることが出来ました。購入してすぐと同じく味わえました。

水でも作れますが、食べるなら当然ですが熱いお湯で作るべきです。暖かいご飯の方がおいしいです。中でも美味しかったのが、エビピラフはクオリティ高かったです。

正直言うと、やはりおかずが欲しいので、実際に食べる時はおかずと一緒に食べています。でも本当の災害になったら、そんな事は言ってられないと思います。ちゃんと食べられるご飯があるだけで、かなり違うと思います。

もしお湯が作れるようであれば、暖かいご飯が食べれますし、最悪冷たいご飯でも食べる事が出来ます。

地震、台風、大雨、いろんな天災は避ける事の出来ない事です。それであれば、被害にあった時に少しでも自分で準備出来る事はしておいた方がいいかなと思います。

私は賞味期限が切れたので、再度このセットを購入しました。お勧めの商品です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました